goo サイト内 web全体
ホーム > 防府消化器病センター > 沿革

昭和39年 12月

長崎胃腸科医院開設(長崎進)

昭和41年 12月

防府胃腸科医院開設(長崎進、南園義一共同経営) 許可病床19床 職員数20名

昭和45年 4月

戸田智博共同経営参加

昭和46年 1月

防府胃腸病院開設 許可病床41床 職員数47名

昭和54年 4月

財団法人防府消化器病センター設立(常務理事、長崎進、南園義一、戸田智博)

昭和56年 4月

新病院落成 許可病床150床 職員数111名

簡易オーダリングシステム導入(NEC ACOS250/40)

昭和57年 4月

許可病床180床

昭和62年 5月

救急医療機関承認

12月

日本消化器内視鏡学会認定指導施設

昭和63年 1月

日本消化器外科学会専門医修練施設

10月

日本消化器病学会認定施設

平成1年 12月

オーダリングシステム稼働(NEC ACOS3300/10)

平成4年 11月

日本大腸肛門病学会専門医修練施設

平成7年 1月

PCオーダリングシステム導入

平成10年 4月

許可病床163床 職員数196名

10月

日本消化器集団検診学会認定施設

5月

常務理事 南園義一、三浦修、川野豊一、松崎圭祐

平成12年 5月

常務理事 川野豊一、三浦修、松崎圭祐

平成14年 4月

許可病床120床 職員数147名

平成15年 7月

新病棟での診療開始

HIS PACS導入

10月

臨床研修病院指定

平成16年 3月

新築工事竣工

平成20年 2月

許可病床120床 職員数142名

平成23年 4月

常務理事 三浦修、南園義一、戸田智博

10月

常務理事 三浦修、板東登志雄、南園義一、戸田智博

平成24年 5月

常務理事 三浦修、渡邊昭博、板東登志雄、戸田智博

ページトップへ