一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科コラム・広報誌 COLUMN

Dr.岡崎の胃腸とこころ 7 男子生徒のひとことから(摂食障害(過食嘔吐症))

2014.03.18

胃腸とこころ 7

財団法人 防府消化器病センター 研究所長 岡崎幸紀

男子生徒のひとことから  摂食障害(過食嘔吐症)

  医師になって数年後の秋、高校2年生の色白で目の大きな女子生徒が入院してきました。1年半前には58kgあった体重が33kgまで減少したとのことで、精密検査のため入院となり、教授に担当を指示されました。
すでに何軒かの医院や病院を経ていましたので、どうせまたわからないだろう、と言うような居直った感じがあり、対応の難しい患者さんでした。診察上は特異なやせ方ではなく、栄養不足的な感じがしました。ただし、生理が無くなり、前歯が数本ぬけていました。
各種の検査を行いましたが、胃腸も問題なく、栄養のバランスもさほど崩れていませんでした。意識も正常、知能面にも問題はなく、学校の成績は優秀でした。ホルモンの検査に異常がありましたが、痩せたための二次的な変化の範囲と考えられました。
いろいろな栄養補給など試みましたが、体重減少は止まりません。不思議なことは、看護師の食事のチェックではほぼ全量摂取していることです。「そんな馬鹿な」と思い、自分の目で確認しましたが、確かに食べています。ナースセンターでカルテを前に考え込んでいましたら、看護師が「患者さんが食事をとったあとトイレに長く入っているみたい」と言いました。
そこで、ハッと思い当たることがあり、まず母親を呼び確認し、患者さんに「ご飯を食べた後自分でもどして(嘔吐して)いないか」と尋ねました。しばらく沈黙していましたが、しばらくしてコクンと首を縦に振りました。以下は彼女の話です。
高校に入学したころ、好意を持っていた男子生徒が友人たちと話している近くを通りがかりました。私に気付かなかったようで、その時彼が、「○○さん、色が白くて可愛いいけれど、シロブタちゃんだからね」と言いました。
確かに身長が153cmで体重が58kgありましたから、言われてみればその通りかと思いますが、私にとっては強烈な衝撃でした。そこで何とかして痩せたいと思いましたが、食事を減らすことしか思いつきません。ところが、どんなに頑張っても食事が減らせず、我慢した後は逆にたくさん食べてしまいます。
そこで思いついたのが、からだの栄養にならなければいいわけだから、食事の後でもどせば(嘔吐すれば)いいんだ、と思いました。この方法はうまく行き急速に体重が減り、40kg台になりすごくかっこ良くなって周囲もびっくりしました。ところが、食べて吐く習慣が止まらなくなり、さらに体重がどんどん減って来た、ということでした。
原因は解明できましたが、すでに状態が悪化し、間もなく食事もとれなくなり、体重は23kgまでに落ちました。まさに飢餓状態で外観は老婆のようで、生命も危うくなり、両親にもそのように告げました。打つ手もない状況に悩んでいましたら、先輩の講師が「これまで報告はないが、代謝亢進作用(※)のあるホルモン剤を試みてはどうか」と助言してくれました。
使用をはじめ、驚くほどの効果があり急速に全身状態が改善し、3か月後には体重も30kg台に復帰しました。皮膚も張りとつやが戻り、食事等も普通になりました。6か月後には30kg後半になり、色白で目の大きい魅力的な乙女となり、退院し復学しました。その後、歯は義歯となりましたが、生理は回復し、のちに結婚し子供にも恵まれました。
この患者さんの病名は、現在では「摂食障害(過食嘔吐症)」と言われ、心療内科の病気です。しかし、当時、心療内科は九州大学病院に全国で初めて開設されたばかりのころでした。この障害は、現在、若い女性の間で増加しつつあり、治療が困難で問題になっています。

※ 代謝亢進作用・・・からだの細胞を速やかに新しいものに変えて、全身に元気をもたらす作用

財団法人 防府消化器病センター

研究所長 岡崎幸紀

 山口県防府市の新聞 防日新聞に連載中!

→ 掲載記事へ

 

新聞社名:防日新聞社 山口県防府市寿町1-2

掲載新聞:防日新聞 第6317号 平成25年10月22日掲載

項目   :胃腸とこころ 7  「男子生徒のひとことから」 摂食障害(過食嘔吐症) 

著者   :財団法人 防府消化器病センター 研究所長 岡崎幸紀 

       日本消化器病学会名誉会員・指導医

       日本消化器内視鏡学会功労会員・指導医

 

 

財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院

所在地:山口県防府市駅南町14-33 (山口県の中央部 瀬戸内海に面した街)

診療科目:

消化器外科、消化器内科、内視鏡外科、内視鏡内科、疼痛緩和内科、胃腸外科、胃腸内科、外科、内科、放射線科

 

 ※ 財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院は、山口県防府市(防府市役所前)にある消化器専門の病院です。

腹腔鏡下手術(単孔式) 、腹水治療(KM-CART) 、緩和ケア 、内視鏡検査・治療(胃カメラ・大腸カメラ) 、人間ドック 、健康診断・ピロリ菌検査・頸動脈エコー検査)

胃腸とこころ 、からだにやさしい胃腸科レシピ

東京女子医科大学関連病院 、九州大学関連病院

 

前のページに戻る