一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

お知らせ NEWS

腸内環境をととのえよう!

2013.10.01

腸内環境”をととのえよう!

 小腸と大腸を合わせた腸全体の長さは約7~9メートルで、ひろげるとテニスコート一面分にもなります。この腸内の内側のひだのなかに、約100種類、100兆個以上もの細菌が存在するといわれています。主な腸内細菌には善玉菌、悪玉菌があり、これらがバランスをとり腸内の環境を保っています。
腸内環境をととのえる食材には、食物繊維、乳酸菌、マグネシウムなどがあげられます。これらを日々の献立に上手に取り入れたいものです。

 

食物繊維

食物繊維・・・「ヒトの消化酵素でも消化できない食品中の成分」のこと
食物繊維は腸内で善玉菌のエサや便の材料になるなどさまざまな役割があり、
腸内環境をととのえるために欠かせない成分です!
 

★食物繊維を多く含む食品★
・こんにゃく
・きのこ類(しめじ、しいたけ、えのきだけ、なめこ)
・海藻類(ひじき、わかめ、こんぶ、のり)
・野菜類(ごぼう、たけのこ、れんこん、南瓜、人参、春菊、山菜)
・豆類(大豆、あずき、おから、納豆)など...
 

乳酸菌

生きたまま腸にとどきやすい植物性の乳酸菌は善玉菌の増加に貢献しているといわれています!(動物由来の乳酸菌の多くは胃液、腸液のなかで死滅してしまい、腸までとどきづらい)

★植物性の乳酸菌を含んでいる食品★
・漬物(しば漬け、野沢菜、すぐき、キムチなど)
・味噌、醤油

マグネシウム

マグネシウムは、腸内での水分の吸収を阻害します。そのため便の水分が多くなって軟便にさせる効果をもっています。

★マグネシウムを多く含む食品★
・ひじき、こんぶ、納豆など

→ 腸内環境をととのえよう!(PDF)

 

 

 

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。

 

 

→ からだにやさしい胃腸科レシピ(メニュー画面へ)

 

財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院

所在地:山口県防府市駅南町14-33 (山口県の中央部 瀬戸内海に面した街)

診療科目:

消化器外科、消化器内科、内視鏡外科、内視鏡内科、疼痛緩和内科、胃腸外科、胃腸内科、外科、内科、放射線科

 

 ※ 財団法人 防府消化器病センター 防府胃腸病院は、山口県防府市(防府市役所前)にある消化器専門の病院です。

腹腔鏡下手術(単孔式) 、腹水治療(KM-CART) 、緩和ケア 、内視鏡検査・治療(胃カメラ・大腸カメラ) 、人間ドック 、健康診断・ピロリ菌検査・頸動脈エコー検査)

胃腸とこころ 、からだにやさしい胃腸科レシピ

東京女子医科大学関連病院 、九州大学関連病院

 

前のページに戻る