一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

部門紹介 – 薬剤部pharmacy

薬剤部Pharmacy

基本方針

基本方針

急性期医療における医療チームの一員として、責任と自覚をもって研鑽に努め、より良い薬物療法と安心安全な医療の提供に寄与します。

行動指針

  • 病態を理解し、処方に関する意図を理解する
  • 疑問点は必ず確認し解決する
  • 医療人としての適切な接遇を心がける

薬剤部長挨拶

防府消化器病センターでは、それぞれの職種の職能を
最大限に発揮できる医療チーム作りを目標としています。

防府消化器病センターの薬剤部として目指すべきビジョンを描き、
一日一歩でも近づけるよう、回り道をしながらでも皆で歩み続けています

患者さんは治療におけるチームメンバーの中心です。
医療人として患者さんに寄り添い、
一緒に治療に取り組んで行ければと考えています。

前回の電子カルテ更新により、薬剤部門システムとの双方向連携も実現しました。
これにより、入院時の持参薬を含めて、患者さんによりあった処方構築や調剤へむけての
システムサポート体制ができました。

現在のところ薬剤部は薬剤師6名、薬剤助手2名体制です。
一緒に理念を共有していただける薬剤師を募集中です。
どうぞ宜しくお願いいたします。

業務内容

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務

防府消化器病センターのチーム医療の中で、患者さんのために、また、患者さんを中心に協働するチームメンバーのために「薬剤師として」何ができるのか、すべきなのか、常に考えながら業務にあたります。
ご入院に際しては、持参薬、お薬手帳、診療情報提供書そして当院のカルテ等により薬物療法の現状を確認し、患者さんの状態にあったよりよい治療を目指し、医師への処方の提案を行っています。
腎機能等の生理的機能の状態、検査結果、日常生活で患者さんが大切にされていること、患者さんごとの副作用発現状況など、様々な背景を考えて、チームで協働いたします。

薬剤管理指導業務

患者さんのお薬の服用に当たっては、ご本人やご家族へご説明に参ります。
抗がん剤治療や検査前服用薬などでご不安なことなど、疑問の解消にも努めます。
お薬を服用するに当たっての必要な検査の実施や副作用の発現状況などもフォローアップしてまいります。

がん化学療法への参画

がん化学療法への参画

防府消化器病センターで実施される化学療法にチームの一員として参画しています。
レジメンの審査登録管理を行う「がん化学療法委員会」や「キャンサーボード」の事務局を薬剤部が務めています。キャンサーボードは医師の処方意図など、積極的に学ぶ場となっています。
また、薬剤師の視点で、チームのメンバーに理解して欲しいことなどの共有の場にもなっています。
医療の質の向上を目指し、外来化学療法室やご入院にて安心して治療していただけるよう心がけています。

無菌調製業務

抗がん剤などの無菌調製を実施しています。「より安全に」を心がけ、安全キャビネットを使用した調製を行います。

医薬品情報業務

医薬品情報業務

日進月歩の薬物治療の中で、適正な情報を正確に伝えることを心がけ、「臨床に反映される」よりよい情報伝達の方法を追及します。

院内研修会の開催

院内において外部講師を招いての講演会や製薬メーカー提供で、全国で活躍される先生方によるWEB講演会など、多彩な情報を得る機会を作り、積極的に研鑽に務めています。

調剤業務

薬剤師の基本である、「調剤」を正確に。処方の意図を読み取り、薬剤師の視点での再構築と提案を経た後、チームでできあがった最良の薬物療法レシピも正確に調剤されてこそ本当に患者さんのためになることができます。
ダブルチェックにより正確性を追求します。

院内プロジェクトや委員会への参画

薬防府消化器病センターでは様々な院内プロジェクトが多職種協働で動いています。
全職種の職員が一体となって患者さんのよりよい医療の提供を目指して改善に取り組んでいます。
医療安全や感染対策、倫理委員会など院内の多様な委員会にも参画しています。

前のページに戻る