一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

部門紹介 – リハビリテーション科rehabilitation

リハビリテーション科Rehabilitation

理念

徹底したリスク管理のもとセラピストとしての職能を発揮し、退院後のその人らしい生活の実現に向けたリハビリテーションを提供する。

施設基準

  • 運動器リハビリテーションⅢ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • がん患者リハビリテーション

人員

理学療法士2名
作業療法士1名

※今後、必要に応じて増員予定

概要

当科では、患者様お一人お一人に合わせたリハビリテーション行い、入院生活から在宅生活へのソフトランディングを可能にすべく多職種との連携を強化しています。
また、手術前後あるいは病気を発症して間もない時期(急性期)からご自宅での生活を見据えた時期(回復期)までの段階に応じたアプローチにより、退院後再びその人らしい生活を送ることができるよう支援することを目指しています。

急性期のリハビリテーションは、早期離床を促進するためベッドサイドでの呼吸練習や座る練習をします。
症状が落ち着き回復期に入ると、立つ動作・歩く動作等により積極的に動いたり、体力の増進を図ったりします。
また、術後肺合併症の発症リスクが高い場合は、術前からの介入も行っています。

退院が近くなってからは、ご自宅での生活を想定した動作練習を行い、必要に応じてご自宅にお伺いし、実際の動きを練習したり住環境へのアドバイスをしたりすることもできます。

理学療法

主に基本動作能力(起きる、座る、立つ、歩く)の回復を図るため、運動療法を中心に行います。
運動療法とは、関節可動域、筋力増強運動、バランス練習、各種動作練習など身体を動かしやすくするための治療法です。
また、お身体の状況に合った杖や歩行車など福祉用具の選定も行います。

作業療法

作業活動を通して、座る・立つ・歩くなど基本的な体の動きを良くしたり、普段の生活を送るために不可欠な日常生活動作(食事・トイレ・更衣・入浴・整容)の練習をしたりして、楽しみながらその方が生きていくために必要な動作を獲得していきます。

前のページに戻る