一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

「ストレス」に強い身体をつくろう!

「ストレス」に強い身体をつくろう!

 「ストレス」は、人間関係や家族の問題、仕事などの心理的・社会的ストレッサーや環境、薬などの物理的・化学的ストレッサーに適応しようとして生じています。この「ストレス」により、身体の防御反応として副腎からホルモンが活発に分泌される、免疫機能が低下する、などのさまざまな反応がおこり、私たちのこころや身体に影響を及ぼすことがあります。過度のストレスは、多くの病気の発症や悪化に関わっていると考えられています。

 「ストレス」に強い身体を作るためには、ライフスタイル(運動・睡眠・趣味など)を見直し、毎日の食事から「ストレス」により消費される栄養素を摂取することが大切です。

※ストレッサー・・・こころやからだにかかる外部からの刺激

 

「ストレス」に強い身体づくりのために摂りたい栄養素

副腎からのホルモン合成で消費

 ビタミンB1

 ビタミンC

・ ビタミンB1

 豚肉、うなぎ、玄米等

・ ビタミンC

 赤ピーマン、ブロッコリー、

 じゃがいも、柑橘類等

免疫機能低下に備えて

 たんぱく質

 ビタミンE

 β-カロテン

・ たんぱく質

 肉類、魚介類、乳製品、大豆製品等

・ ビタミンE

 アーモンド、モロヘイヤ

 ブロッコリー、南瓜等

・β-カロテン

 ケール、にんじん、小松菜等

興奮を抑えるために必要(尿中排泄量増加で消費)

 カルシウム

・ カルシウム

 小魚、大根葉、乳製品、豆腐

 切干大根、ひじき等

カルシウムは、ビタミンDと一緒に摂取すると効率よく吸収ができます

 

上記に挙げた栄養素は一例です。「これを食べるとストレスに効く!」という食品はありません。毎日色々な食品から偏りがないよう栄養素を摂り、バランスのよい食事・規則正しい生活をこころがけてください。

 

 ※身体状況、疾患により食事内容は異なりますので主治医・栄養士にご相談ください。

食事のポイント 「ストレス」に強い身体をつくろう!
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る