一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

ビタミン 風邪予防

ビタミン vitamin

 五大栄養素のひとつであるビタミンは血管や粘膜、骨、皮膚などの健康を保つ役割を持ち、身体の機能をはたらかせている栄養素です。毎日の食事から一定の量を摂ることが大切です。ビタミンは大きく分けて脂溶性(水に溶けにくく油に溶けやすい性質)と水溶性(水に溶けやすく、油に溶けない性質)の2種類のビタミンに分けられます。ビタミンの種類はたくさんありますが、ここではそのうち風邪予防の効果があるビタミンについて紹介します。

 

皮膚・粘膜を健康に保つ

脂肪の代謝を促す

皮膚・粘膜の健康を保つ 免疫力を高める
ビタミンB2(水溶性) ビタミンA(脂溶性) ビタミンC(水溶性)

・レバー (豚>牛>鶏)

・納豆

・干ししいたけ

・うなぎ  など

・レバー (鶏>豚>牛)

・うなぎ

・人参

・焼きのり  など

・アセロラ果汁

・グアバ

・ブロッコリー

・オレンジ  など

↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓  ↓ ↓ ↓

光に弱い

野菜であればなるべく光に当たった時間が短いものを選ぶと良いです。

加熱しても壊れにくい 

脂溶性なので、脂と相性が良く、炒め物や揚げ物にすると吸収率が上がります。

尿や汗と一緒に排泄される ので、なるべく毎食取り入れるようにしましょう。

 

***********************************************************

その他、ビタミン以外にも風邪予防に効果のあるミネラルがあります。
そのミネラルとは・・・亜鉛です。ビタミンと合わせて摂るとより効果的です。
 

亜鉛たんぱく質の合成にかかわる

多く含まれる食品:

牡蠣、和牛かた赤肉、ほたて貝など

 

一日の推奨量

  ビタミンB2 ビタミンA ビタミンC 亜鉛
成人男性 1.5mg 850μgRE 100mg 7mg 12mg
成人女性 1.2mg 700μgRE 100mg

11mg(月経あり)

6mg(月経なし)

9mg

※身体状況、疾患により食事内容は異なりますので主治医・栄養士にご相談ください。

食事のポイント ビタミン 風邪予防
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る