一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

三大栄養素

人間のからだをつくりエネルギー源となるのは、糖質、脂質、たんぱく質の3つの栄養素で、これを「三大栄養素」という。

糖質 1gあたり約4kcalのエネルギーになる。

脳や神経系の唯一のエネルギー源となる。他にも貯蔵エネルギーとして蓄えられたり体温を維持するなどの働きがある。消化・吸収がよく、即効性が高い。
穀類やいも類、果物などに多く含まれる。

糖質のおすすめな組み合わせ
・糖質+ビタミンB1(豚肉やぶりなど)→糖質をエネルギーに変えやすくなる。
・糖質+食物繊維(ごぼうやさつまいもなど)→食後の血糖値の上昇をゆるやかにする。

脂質 1gあたり約9kcalのエネルギーになる。

少量でたくさんのエネルギーを得られる。余った分は体脂肪となり、貯蔵エネルギーとして体内に蓄えられ、必要に応じて使われる。他にも細胞膜や核膜の構成成分になる、脂溶性ビタミンの吸収を高めるなどの働きがある。
脂肪分の多い肉や脂ののった魚や油やバターなどの油脂類などに多く含まれる。

脂質のおすすめな組み合わせ
・脂質+ビタミンE(かぼちゃやアーモンドなど)→ビタミンEの吸収を助け、若返り効果が期待できる。

たんぱく質 1gあたり約4kcalのエネルギーになる。

エネルギーになるよりも、通常は筋肉や内臓などからだを構成する主成分として使われる。
他にも免疫機能を高める、酵素やホルモンを合成するなどの働きがある。
肉、魚介、大豆製品、卵、乳製品に多く含まれる。

たんぱく質のおすすめな組み合わせ
・たんぱく質+ビタミンB6(さつまいもやにんにくなど)→からだの発育を促す。
・たんぱく質+ビタミンB2(チーズやレバーなど)→美肌効果がアップする。

※身体状況、疾患により食事内容は異なりますので主治医・栄養士にご相談下さい。

食事のポイント 三大栄養素
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る