一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

からだにやさしい胃腸科レシピ2
南瓜とひじきの煮物

からだにやさしい胃腸科レシピ 2 (便秘)

ビタミンパワーで風邪予防!

南瓜とひじきの煮物 調理時間15分

材料

南瓜・・・・・・・・・中 1/8個

ひじき・・・・・・・・・大さじ1

きぬさや・・・・・・・・・・適量

  砂糖・・・・・・・・大さじ1

  醤油・・・・・・・・大さじ1

作り方

1. ひじきをたっぷりの水につけてもどす。その間に南瓜を一口大の大きさに切り、面取りをする。きぬさやはへたを落として筋を取り、塩ゆでしておく。
2. 鍋に南瓜の皮を下にして、南瓜が少し出るくらいの水を注ぐ。砂糖をいれて火にかける。最初は強火にして煮立ったら中火にする。落しぶたをし、やわらかくなるまで煮てから、ひじきを加える。
3. 醤油を入れ、ほぼ煮汁がなくなるまで煮含める。(塩ゆでしたきぬさやも加え、少し味を含ませる)

1人あたりの栄養成分量

エネルギー(カロリー):158kcal

塩分量:1.3g

食物繊維:7.7g

たんぱく質:4g

炭水化物:38g

脂質:1g

 

南瓜は緑黄色野菜の代表的な存在で、「冬至に食べると風邪をひかない」ということわざも、β-カロテンやビタミンCが多く含まれていることに由来します。β-カロテンには抗酸化作用があり、風邪などの感染症予防などの働きがあります。

ひじきは、マグネシウムを含む他、鉄分も多く含む海藻です。ですが、ひじきに含まれる鉄分は吸収が難しい形になっています。そこで、タンパク質やビタミンCと一緒に摂ることで、吸収率をアップさせましょう。

からだにやさしい胃腸科レシピ2 南瓜とひじきの煮物
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る