一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

胃の手術をされた方

胃を切るとどうなる?

○食べた物を“ためる”働きが減少します。

 手術後しばらくは胃の袋が小さくなるため、一度にたくさん食べることができにくくなります。そのために、1回の量を少なくし、1日5~6食をとる少量頻回食にしましょう。しばらく続け、十分に回復すればゆっくりと3回食にもどしていきましょう。

○貧血が起こりやすくなります。
 鉄分、タンパク質、鉄の吸収をよくするビタミンCを含む食品を食べましょう。
 
鉄分を含むもの

動物性食品 : 赤身の肉、魚類(かつお、いわし、まぐろなど)、貝類(あさり、しじみなど)、レバー類など

植物性食品 : 乳製品、卵、野菜(ほうれん草、小松菜、ブロッコリーなど)、海藻類など

動物性食品に含まれている鉄の吸収率は、植物性食品に含まれている鉄に比べて数倍高いとされています。

タンパク質を含むもの 肉類、魚類、大豆製品など
ビタミンCを含むもの

野菜(ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリー、長芋など)、果物、梅干や酢など

植物性の鉄分を多く含む食品と一緒にとると吸収率がUP!!

 
 

当分は避けた方が良いもの

○刺激の強いもの

香辛料、カフェインを含むもの、炭酸飲料やアルコール類など

○熱すぎるもの、冷たすぎるもの

○繊維の多いもの(ごぼうやたけのこ、さつまいもなど)

 

注意すること

○ダンピング症状(めまい、吐き気、腹痛など)を防ぐ為に、甘いものを食べすぎないようにしましょう。
 
  
 
※身体状況、疾患により食事内容は異なりますので主治医にご相談下さい。

食事のポイント 胃の手術をされた方
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る