一般財団法人 防府消化器病センター

〒747-0801 山口県防府市駅南町14-33

0835-22-3339

お問い合わせ

胃腸科レシピ RECIPE

からだにやさしい胃腸科レシピ6
鶏レバーの黒糖甘辛煮

からだにやさしい胃腸科レシピ 6 (風邪予防)

貧血予防+ビタミン補給!

鶏レバーの黒糖甘辛煮 調理時間40分

材料

 材料 (4人分)

鶏レバー・・・・・・・・・・・・・・・・・・200g

生姜(薄切り)・・・・・・・・・・・・3/4かけ

生姜(千切り)・・・・・・・・・・・・・・・適量

牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200㏄

 

A(合わせ調味料)

  酒・・・・・・・・・・・・・・・200㏄

  みりん・・・・・・・・・・・・大さじ1

  醤油・・・・・・・・・・・・・大さじ1

  黒糖・・・・・・・・・・・・・大さじ1

  生姜(すりおろし)・・1/4かけ

作り方

1. レバーとハツ(心臓)を切り離す。ハツは脂肪部分・管等を取り除き、中央を切り開き血液のかたまりを取り除く。レバーは、脂肪や筋を取り、食べやすい大きさに切る。流水でよく洗い血液を取り除く。水が濁らなくなったら、臭みを取るため、牛乳に10分間漬ける。
2. 10分後、牛乳を洗い流し、沸騰したお湯で1分間茹でる。途中あくを取る。下ゆで後、流水で洗い、ざるにあげる。
3. 鍋にレバー・ハツ(心臓)・生姜(薄切り)・Aを入れ中火で煮る。途中、あくを取る。煮汁がなくなるまで、しっかり煮詰めたらできあがり。盛り付けた上に生姜の千切りをのせる。

鶏レバー

心臓がハツ、胃袋の筋肉が発達したものが砂肝で、肝臓がレバーです。ビタミンA(レチノール)の含有量が特に多いので、粘膜を強化して免疫力のアップ!風邪の予防にも効果が期待できます。

※ただしレバーには、鉄や脂溶性ビタミンの他にも、コレステロールが多く含まれておりますので、摂取過剰にならないよう目安量の摂取をおすすめします。(1日40g程度)

1人あたりの栄養成分量

エネルギー(カロリー):135kcal

塩分量:0.8g

食物繊維:0.05g

たんぱく質:10.22g

炭水化物:8g

脂質:1.6g

鉄:4.5mg

ビタミンA:5600μgRE

ビタミンB2:0.9mg

ビタミンC:10mg

 

からだにやさしい胃腸科レシピ6 鶏レバーの黒糖甘辛煮
(PDF)

レシピ本表紙

「からだにやさしい胃腸科レシピ」のPDFを集めて、左綴じで綴じていただくと、レシピ本になります。(PDFは、それぞれのメニューのページにあります。)

食事のポイント

前のページに戻る